花門亭 東門街別館、三宮にある選び抜いた素材のダシお好み焼き店

おすすめは、この花門亭発祥のだしお好み焼きです。
外はパリッと、中はとろっ~とした薄めのクリスピーな生地のお好み焼きを、無添加・無保存料の「選び抜いた素材」1北海道羅臼産の昆布 2鹿児島枕崎産の鰹節 3熊本深産のさば節を使用した、こだわりのだしにつけて食べるスタイルが特徴です。

花門亭おすすめの具材は、牛筋とこんにゃくをじっくり甘辛く煮込んだ「ぼっかけ」です。
全席が掘りごたつになっていて、通路側も暖簾を下せるようになっているので半個室のようで落ち着けます。

また、花門亭の店内にはかわいくユニークなイラストがペイントしてあって、かわいくオシャレな内装になっています。
テーブルごとに設置された鉄板の上に、出来上がったお好み焼きや鉄板焼きを提供するスタイルですが、もんじゃ焼きを注文すると、明るくフレンドリーな店員さんがリズムよく目の前で作ってくれます。

もんじゃ焼きは100種以上の組み合わせがあって、自分で組み合わせることも可能です。
迷ったときは、もんじゃ焼きの人気ランキングから選ぶのが簡単かと思います。

それでも迷ってしまう時には、花門亭の店長さんに今日のおすすめもんじゃを頼むこともできます。
お好み焼き・もんじゃの店ですが、鉄板焼きを中心にサイドメニューも多く、居酒屋としての需要もあります。

花門亭の価格帯の目安としては1人、2000~3000円が目安です。
年中無休で、平日/17:00~翌4:00(LO.4:00) 日祝/17:00~翌3:00(LO.2:00)。

店名:花門亭 東門街別館
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-4-10 NERO PLAZA1F 各線三宮駅 徒歩3分
電話:050-5286-2972

神戸ハーバーランドのクレープ行列店!DipperDan ディッパーダン 神戸ハーバーランドumie店

海辺の美しい景色を満喫でき、神戸らしさを感じられるエリアとして人気の神戸ハーバーランド。
商業施設のumie(ウミエ)内には、飲食店から雑貨店、アパレルショップまで様々なお店が揃っています。

DipperDan ディッパーダン 神戸ハーバーランドumie店は、umieのノースモールとサウスモールの間の解放感のある吹き抜け空間に面するお店です。

散策途中に立ち寄りやすい立地も手伝って、DipperDan ディッパーダンはいつも多くのお客さんで賑わっています。
お店の近くに設置してあるベンチに座って飲食ができます。

店名:DipperDan ディッパーダン 神戸ハーバーランドumie店
住所:兵庫県神戸市中央区東川崎町1-7-2 神戸ハーバーランドumieノースモール1F
電話:078-335-5900

DipperDanの様々な創作系のクレープが目白押しのディッパーダンのなかでも、おすすめしたいのが「焼きりんごミルフィーユ」です。
アップルパイの美味しさをクレープで再現しようとしたもので、クレープの中に、焼きりんご、砕いたパイ、クリームが入っています。

シナモンパウダーもまぶしてあり、アップルパイらしさがしっかり感じられる仕上がりです。
焼きりんごの風味の良さが抜群で、存在感もあるので、りんご好きの方にはぜひ味わって欲しいですね。

KOBE ENISHI、神戸市灘区にある担々麺がおすすめのラーメン店

店名:KOBE ENISHI
住所:兵庫県神戸市灘区岩屋北町5丁目2−32 サニーハウス灘
電話:078-861-7776

寒い季節に食べたくなるものといえば、温かいものと辛い物。
その2つの条件を満たすのが、担々麺です。
担々麵のお店は数多くありますが、神戸で食べるならENISHIがおすすめ。

ENISHIの担々麺を食べれば、内から温まること間違いなしです。
なぜかというと、たくさんのスパイスを使って作っているから。
さらに担々麺の種類も豊富です。

スパイシーな担々麺を食べたいのであれば、麻婆担々麺がおすすめ。
この担々麺は辛い物好きであれば、はまるはず。
たくさんのスパイスを調合しているだけあって、ピリッとした辛さがあります。

たくさんの具材を麺と一緒に混ぜて食べるのですが、具材の旨みと辛さを感じつつ食べるのは最高です。
冬でも汗が出てくるぐらい温まります。

ENISHIの担々麺のさらに美味しい食べ方ですが、ある程度食べたらご飯を入れること。
麺も美味しいですが、ご飯も合います。

私はがっつり食べたいときは、さらに唐揚げも頼みます。
唐揚げも美味しいのですが、担々麺よりも先に食べた方がいいかもしれません。

その理由は担々麺がスパイシーすぎて、唐揚げの味が変わってしまうから。
それぐらい、ピリ辛な担々麺なんです。

辛い物が好きという人に、ENISHIの麻婆担々麺は食べてほしいですね。
もちろん辛さを食べやすいように調整した担々麺もありますので、担々麺初心者の人も歓迎です。

三宮高架下酒場 茶々は美味しい刺身と地域料理がおすすめの居酒屋

阪急やJRなど各社の神戸三宮駅近くにある「三宮高架下酒場茶々」は、リーズナブルな値段で刺身やつまみが食べられるため、昼からお客の絶えないお店です。
茶々は三宮駅から徒歩数分ですので、電車やバスを待つ方にも利用しやすいロケーションにあります。

茶々で一番のおすすめは、新鮮な刺身が3,4種類入った刺身盛りです。
量によって値段の違いがありますが、1人サイズの新鮮小箱はなんと500円という安さです。

その他にも、高知や山口、青森など各地域の名物料理や地酒を各種そろえています。
昼の時間帯などサービスタイムであれば、生ビールやチューハイが250円で飲めますので、1000円で飲めるお店としても有名です。

また時々フェアをやっていて特定の地域の料理や地酒が取り扱われることもあります。
もちろん地元兵庫の料理も多くあり、明石の昼網で仕入れたお魚や、姫路おでんなどのご当地グルメもあります。

茶々の店員さんの中には留学生もいますが、皆さん元気よく流ちょうな日本語を話されます。
それほど広い店内ではありませんので、特に夕方以降は予約をしてから行くことをおすすめいたします。

店名:三宮高架下酒場 茶々
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通1-31-12
電話:078-391-1012

吉祥寺でPS4買取の前のゲーム機初期化作業

テレビゲームが好きでPS4をよくプレイしていたのですが、買取して貰うことにしました。
本当は金銭的な理由で買うまでに時間がかかってしまったりして、手放すのは本当に苦渋の決断でした。

幸いだったのが、新しいゲームをプレイしていないので、やる事も最近はほとんど無かったという状況でした。
これがもし、新しいゲームの途中だったりしてしまった場合は、クリアするまで売れなかったと思います。
続きを読む

ブーランジェリー レコルト boulangerie recolte 神戸店、神戸市中央区にある評判のパン店

神戸ハーバーランドへお買い物に行ったついでに、評判のパン屋さんへ立ち寄りました。
神戸市兵庫区に本店をおくブーランジェリー レコルトの2号店だそうです。

店名:boulangerie recolte 神戸店 rond point(ブーランジェリー レコルト)
住所:兵庫県神戸市中央区相生町1-1-16 クロエビル 1F
電話:078-599-6436

木の風合いを生かしたおしゃれなブーランジェリー レコルト店内は、パンの香ばしい匂いに包まれています。
小さなカウンター席のイートインコーナーが5席あって、焼きたてをいただけるところが嬉しいですね。
ブーランジェリー レコルトびお店に並ぶパン、どれも美味しそうで迷ってしまいます。

焼きたての文字に惹かれて、極みソーセージ(350円+税)をチョイス。
コーヒーと一緒にいただきました。

ハード系のパンならではの硬くて香ばしいクラストに、もっちりとした噛みごたえのあるクラム。
ジューシーなソーセージとパン生地との相性が抜群で、とても美味しかったです。
これは、絶対ビールにも合いそうだなって思いました。

お土産用に
・クイニーアマンナチュール(200円+税)
・木次のクリームパン(170円+税)
の2点を追加で購入して帰りました。

ブーランジェリー レコルト、素敵なパン屋さんに出合えてよかったです。

まる喜、神戸市中央区三宮町にある大分名物の日田焼きそば店

店名:大分名物 日田やきそば まる喜
住所:兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目6-15
電話:078-335-6980

最近はB級グルメが流行っていますよね。
ご当地そばは全国にありますが、九州は大分のご当地そばが日田焼きそばです。

日田焼きそばを食べられるお店というのは、関西でもまれではないでしょうか。
そのために、まる喜に行く価値は十分あります。

日田焼きそばの特徴は、麺の焼き方です。
麺がカリカリになるまで焼きます。

そうすることで外はカリッと、中はふくっらした食感になるんです。
味もジューシーですよ。

日田焼きそばにもいくつかメニューがありますが、まる喜おすすめは生卵焼きそばです。
生卵っていろんなものに合いますが、もちろん焼きそばとの相性も抜群です。

中細の麺に豚肉ともやし、ねぎをトッピング。
そして生卵を乗せた焼きそばです。

ソースの味は、濃すぎずさっぱりしています。
関西人は濃いソースが好きなので、珍しい味だなと思いました。

しかし、こういう焼きそばも良いなと感じます。
お値段は740円です。

そういえば神戸ってB級グルメも美味しい場所でしたね。
そば飯などを生んだ土地です。

こういう他県の文化も受け入れやすい土地なのかもしれません。
たまには違った焼きそばが食べたいと思ったら、まる喜に行きましょう。