華、神戸市は三宮の生田新道沿いの地下にある隠れた寿司居酒屋

華は、三宮の生田新道沿いの人の往来が多い界隈にそびえる生田新道ビルの地下一階に店をかまえる人気の寿司居酒屋です。
大将の奥様のお祖母様のお名前から命名したと伺った記憶があります。

華の開店時間は18時からで少し遅めですが、翌朝5時まで営業されており、飲んだあとのシメに少しお寿司を摘めるとあって、連日賑わっています。

特に若々しい大将の握るシャリコマのお寿司は上品さと美味しさの両方を兼ね備えていて大好きです。
ネタの鮮度もよければ、揃えておられるお酒のラインナップにもこだわりを感じることができます。

まずはホワイトボードで、華その日のおすすめメニューからいただくのが定番ですが、とりわけ「白身のうす造り」(1180円)の繊細さには感動すること間違いないでしょう。
その日に仕入れた魚の中から選んでいただけますが、私のおすすめはズバリ「ヒラメ」です。

ほかにもワカサギの天ぷら(780円)など揚げ物や和牛のあぶり焼き(1480円)などといった焼き物もあり、寿司屋にいながら居酒屋メニューを楽しむことができます。
100円で握っていただける自家製玉子のお寿司も格別ですが、アテとして供していただける玉子(450円)も捨てがたい魅力があります。

気取らず、肩肘張ることなく来店できる敷居の低さが華ならではで、それこそが大将のお人柄を感じさせてくれるものだと言えそうです。

店名:華 (ハナ)
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通1-10-9 生田新道ビル B1F
電話:078-391-4151

神戸郊外で美味しいケーキを味わえるレーブドゥシェフ北六甲店

神戸市を中心に関西圏で店舗を展開するレーブドゥシェフは、愛らしくて彩り豊かなケーキで人気のお店です。
今回紹介する北六甲店は、神戸電鉄三田線の岡場駅の近くにあるカフェ併設のお店です。

店名:レーブドゥシェフ北六甲店
住所:〒651-1313 神戸市北区有野中町1丁目21-9
電話:TEL.078-984-5205

レーブドゥシェフのカフェでは、ショーケースに並ぶケーキを選んで食べることもできますし、イートイン限定の魅力的なカフェメニューが豊富に用意されています。

最近食べて美味しかったのが、さくさくのパイ生地とクリーム、いちじくを重ねて提供される「いちじくのミルフィーユ」です。

ミルフィーユのパイ生地は、時間が経つとサクサク感が損なわれてしまいがちですが、レーブドゥシェフのミルフィーユは注文を受けてから仕上げてくれるので、サクサク感を心ゆくまで楽しめて良かったです。

プレートには、主役のミルフィーユのほかにも、アイスクリームや食べやすくカットしたフルーツも盛り付けられていて、素敵な一皿でした。

ランチタイムには、本格派のパスタやサンドイッチが提供されるので、レーブドゥシェフはランチ利用もおすすめです。
特製のクロワッサンを使ったチーズホットサンドや、濃厚な味わいのカルボナーラなど、おしゃれなメニューが揃っています。

神戸市の洋食店、鶴屋本店で出される料理はアスリートを育てた味

店名:鶴屋本店
住所:兵庫県神戸市長田区久保町4丁目2-3
電話:078-647-7297

阪神ファンの人は虎風荘が何か分かると思います。
若手選手が生活している選手寮です。

鶴屋本店の店主は、虎風荘の元料理長だった人です。
つまり、鶴屋本店ではタイガースの選手が食べていた味を楽しむことができるのです。
あの有名選手も食べた味と思ったら、感慨深いですね。

鶴屋本店の看板メニューは豚キムチ丼。
選手人気もナンバーワンらしいです。
スープも付いて、お値段が780円とお手頃です。

ちなみに目玉焼きをプラス100円でトッピングすることができます。
もちろん私も豚キムチ丼を頼みました。

見た目からしてもう美味しいのですが、食べてみるとその通りでした。
豚の旨みに加えて、キムチの丁度良い辛さ。

深みのある辛さで、ご飯がどんどん進みます。
トッピングした目玉焼きが、マイルドな味わいに仕上げています。
同じくネギに関しても、良いアクセントになっているんですよね。

阪神の選手たちもこれを食べて育ったのかと、そういうことを思いながら食べました。

他にも生姜焼き定食やカツ丼など、美味しそうなメニューがたくさん。
どれも美味しそうです。

鶴屋本店の店内には選手のサインも多く飾られていて、阪神ファンならたまらないと思います。
阪神ファンじゃなくても、野球ファンなら思うことがあるはず。

もちろん、野球に興味のない人でも料理の味は確かなので満足できます。
アスリートになったような気分で食事ができました。

神戸・三宮のトラットリア・コチネッラでランチコースと赤ワイン

店名:トラットリア コチネッラ
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通2-17-6
電話:078-221-1725

コチネッラおすすめは、PRANZO Bコース、税込み3,080円です。

17種類の料理が少量ずつ大きなお皿に盛られた前菜は、どれもが丁寧に作られていて、野菜ひとつにしても、こだわりの味付けがされているし、スペイン風オムレツやパテなど、赤ワインがどんどん進むメニューで、とても楽しめました。

そのあとに出てくる自家製パン、ライ麦とフォカッチャでどちらもモチモチしていて、とても美味しかったです。

コチネッラのパスタメニューは、ショートパスタのペスカトーレでしたが、しっかりとしたピリ辛のトマトソースで、オリジナリティがあり、食べ応えもあって満足です。

そのあとに、牛肉のステーキは、香ばしく、お箸で食べやすいようにカットされていましたが、ボリュームがありました。

最後に、デザート3種は、アイスクリームとフルーツケーキにプリン、そしてコーヒーがついていました。

赤ワインは、別料金で300円です。

コチネッラ自家製パンとペスカトーレは、今までたくさんイタリアンのお店に行きましたが、一番美味しいと思いました。

満席でしたので、接客は最低限のものでしたが、ゆったりと食事が楽しめました。

JR元町の高架下にある丸玉食堂で名物のローメンを食べてみた

店名:丸玉食堂
住所:兵庫県神戸市中央区元町高架通1-124
電話:078-331-5385

元町といえば、高架下に様々な店舗が入っていることで有名。
飲食店はもちろん、服屋なども多くある場所です。
この界隈のお店って、渋いお店が多いんですよね。

丸玉食堂もレトロな雰囲気がたまらないお店です。
台湾料理のお店で、珍しいメニューが多いです。

丸玉食堂の中でも名物なのが、ローメンです。
ローメンを知らない人も多いと思います。

簡単に説明すると、あんかけのラーメンです。
玉子に肉、野菜がたっぷり入っていて、甘めのあんをかけた料理です。

麺は玉子麺なのですが、特製のあんとの相性がばっちりです。
あまり日本では見かけない料理なのですが、新感覚のラーメンって感じで美味しいです。

丸玉食堂は他にもあんを使った料理があって、唐揚げのあんかけなんかも美味しかったです。
普通の唐揚げなんですが、このあんのおかげでうまさ倍増。

台湾の料理ってあんをよく使うんですかね。
あんの味が絶妙で、何にでも合うような気がしました。

お酒のあてでしたら、腸詰のハムがおすすめです。
味噌だれがかかったハムなのですが、パリッとした食感で香ばしくてうまい。

ビール片手に食べると、さらに美味しく感じます。
中華料理は良く食べるんですが、台湾料理も美味しいですね。

今後も丸玉食堂で様々な台湾料理を開拓したいなと思います。

神戸市垂水区神田町、懐かしの昭和に戻ることが出来る喫茶レストランブラジル

喫茶レストランブラジルは穴場中の穴場、JR垂水駅近くの商店街の中にある昭和レトロなお店です。
一瞬タイムスリップしたような気分になると言っても大袈裟ではないと思います。

喫茶レストランブラジルのお店は3階からなっており、1階と2階は普通のテーブル席ですが、3階は宴会場になっていて、姫路城の雰囲気が味わえる内装になっているという
これもまた不思議で面白いです。

喫茶レストランというだけあって、喫茶もレストランもどちらも同じ勢いで展開されております
メニューの種類はめちゃくちゃ多いので、注文はいつも迷いに迷ってしまいます。

喫茶店としてはコーヒーから緑茶まで何でもあり、パフェの種類がとても豊富です。
食べている人を見たことはありませんが、名物の55センチのデカパフェもあります。

レストランとしては洋食から和食までありとあらゆるメニューが揃っているのですが、定食がすごいボリュームで有名です。
ご飯はもちろん、メインのほかに小鉢やサラダ、みそ汁まで付いてほとんどが1000円位になっています。
お母さんが作る料理みたいにボリューム満点で、こんなに食べれるかと思うほどです。

喫茶レストランブラジル店内はやはり年配のお客さんが多い気はしますが、若い人でもリーズナブルにお腹いっぱい食べられるので通う人も多いようです。

もう40年以上続いているらしく、地元の人には長年愛されてきたお馴染みのお店だそうです。
喫茶レストランブラジルは、和洋が混ざった昭和にタイムスリップできる不思議な空間になっています。

店名:喫茶レストランブラジル 神戸垂水店
住所:兵庫県神戸市垂水区神田町4-19
電話:078-708-6868

黒十(こくとう)、神戸三宮にある鍋・釜めしと自然薯がおいしい大人の隠れ家

神戸三宮は多くの飲食店がありますが、黒十は繁華街からは少し離れた静かな場所にあります。
黒十の店内は暗く、落ち着いた雰囲気で、大人のデートにぴったりです。
お客さんの年齢層も、30代~40代以上に見える方が多いように思います。

こちらの黒十のメイン食材は「自然薯」。
土の風味を感じる自然薯は、まずはお造り(¥780)がお勧め。
自然薯のの団子揚げ(¥820)はまた違った触感が楽しめます。

全体的に、和食がベースとなっており、黒十は自然薯や長芋を使った創作料理が多くあります。
サラダやお肉の溶岩焼、揚げ物などもあり、お酒が進むお料理です。

釜めしもおいしいですが、自然薯とろろ味噌鍋(¥1980/人前)が一番のお勧めです。
寒い季節でなくても食べたくなる味です。

しっかりした味噌味の出汁に、野菜・豚ロース・つくねなどが入っています。
具材に火が通ったら、仕上げに自然薯のとろろを入れます。

味噌味の出汁と、とろりとした自然薯の触感、風味が混ざり、とても美味しいです。
シメはうどんがお勧めです。

黒十は個室もありますので、隠れ家デートとしても使えると思います。
広い部屋もあるようですので、宴会などの集まりにも使えそうです。

店名:黒十(こくとう)
住所:兵庫県神戸市中央区磯上通6-1-9 神戸MKビル 1F
電話:078-265-5910