阪急西宮北口駅構内でスピーディに食べられる若菜そば 阪急西宮北口店

関西屈指のターミナル駅のひとつである阪急西宮北口駅の改札内には、飲食店を中心に様々な店舗があり、エキナカで快適に時間を過ごせます。

宝塚方面へと向かう今津線のホームにあるのが、若菜そばです。
若菜そばでは、創作系のアレンジメニューにも力を入れており、訪れる人を楽しませてくれます。

店名:若菜そば 阪急西宮北口店
住所:〒663-8204 兵庫県西宮市高松町6番20号(今津線宝塚行ホーム)
電話:0798-64-1565

この間、久しぶりに若菜そばを訪れてみたところ、お手軽定食メニューが数種類登場していました。
天丼定食やとり天定食など、値段は全て550円です。

お手頃価格で、お新香と味噌汁付きの定食を食べられるのは有難いですね。
若菜そばの定食につく味噌汁は、プラス200円で蕎麦かうどんに変更できます。

私が注文したのは、ミックスフライ定食です。
メインディッシュは、アジフライ、コロッケ、鶏唐揚げ2個にキャベツと水菜のサラダを添えたもの。
レモンの櫛切りも付いています。

揚げ物は、どれも揚げたて熱々で衣がさっくさくで美味しかったです。
アジフライが、思いのほか肉厚で、食べ応えがありました。

ご飯は、白米か十六雑穀米が選べましたので、雑穀米にしました。
健康志向の選択肢も用意してくれてるのが有難いですね。

若菜そばの客席は、カウンター席以外に、テーブル席も充実、家族連れや女性客も多い印象です。
幅広い客層が入りやすいお店というのは素敵だな、と思います。

KOBE ENISHI、神戸市灘区にある担々麺がおすすめのラーメン店

店名:KOBE ENISHI
住所:兵庫県神戸市灘区岩屋北町5丁目2−32 サニーハウス灘
電話:078-861-7776

寒い季節に食べたくなるものといえば、温かいものと辛い物。
その2つの条件を満たすのが、担々麺です。
担々麵のお店は数多くありますが、神戸で食べるならENISHIがおすすめ。

ENISHIの担々麺を食べれば、内から温まること間違いなしです。
なぜかというと、たくさんのスパイスを使って作っているから。
さらに担々麺の種類も豊富です。

スパイシーな担々麺を食べたいのであれば、麻婆担々麺がおすすめ。
この担々麺は辛い物好きであれば、はまるはず。
たくさんのスパイスを調合しているだけあって、ピリッとした辛さがあります。

たくさんの具材を麺と一緒に混ぜて食べるのですが、具材の旨みと辛さを感じつつ食べるのは最高です。
冬でも汗が出てくるぐらい温まります。

ENISHIの担々麺のさらに美味しい食べ方ですが、ある程度食べたらご飯を入れること。
麺も美味しいですが、ご飯も合います。

私はがっつり食べたいときは、さらに唐揚げも頼みます。
唐揚げも美味しいのですが、担々麺よりも先に食べた方がいいかもしれません。

その理由は担々麺がスパイシーすぎて、唐揚げの味が変わってしまうから。
それぐらい、ピリ辛な担々麺なんです。

辛い物が好きという人に、ENISHIの麻婆担々麺は食べてほしいですね。
もちろん辛さを食べやすいように調整した担々麺もありますので、担々麺初心者の人も歓迎です。

丸銀らーめん 六甲道店、神戸市灘区でとんこつラーメンを食べるならおすすめ!

店名:丸銀らーめん 六甲道店
住所:兵庫県神戸市灘区備後町5丁目3−1 ウェルブ六甲道1番街104
電話:078-843-0330

濃厚なとんこつラーメンが好きであれば、丸銀らーめんがおすすめです。

丸銀らーめん看板メニューは地鶏とんこつラーメン。
メニュー表にも書かれているとおり、かなり濃厚なラーメンです。

普通の地鶏とんこつラーメンもありましたが、私はあえて地鶏とんこつスペシャルを注文することにしました。

1,100円とラーメンにしては高めかもしれませんが、普通のものよりチャー種の量が多くて味玉もある。
お腹が減っていたので、がっつり食べようと思ったんです。

そんな感じで、地鶏とんこつスペシャルが到着。
美味しそうな香りがします。

まずはスープを飲んでみる。
レンゲですくってみると、意外とサラサラしている。

しかし、スープの味は濃厚です。
地鶏と豚骨で仕込んだスープは、味がしっかりとしています。

麺は細麺でストレートなんですが、豚骨ラーメンにはこの麺が合いますね。
コシのある麺に、濃厚なスープが絡んで美味しいです。

ラーメンの味はもちろん満足なんですが、丸銀らーめんは一品メニューも充実しています。

チキン南蛮や唐揚げ、ギョーザ、チャーシュー盛など、酒のあてになるメニューも豊富。
もちろんご飯ものもあります。

一品メニューでお酒を飲み、シメにラーメンを食べるってのもいいかもしれませんね。
丸銀らーめんは行きつけになりそうです。

JR元町の高架下にある丸玉食堂で名物のローメンを食べてみた

店名:丸玉食堂
住所:兵庫県神戸市中央区元町高架通1-124
電話:078-331-5385

元町といえば、高架下に様々な店舗が入っていることで有名。
飲食店はもちろん、服屋なども多くある場所です。
この界隈のお店って、渋いお店が多いんですよね。

丸玉食堂もレトロな雰囲気がたまらないお店です。
台湾料理のお店で、珍しいメニューが多いです。

丸玉食堂の中でも名物なのが、ローメンです。
ローメンを知らない人も多いと思います。

簡単に説明すると、あんかけのラーメンです。
玉子に肉、野菜がたっぷり入っていて、甘めのあんをかけた料理です。

麺は玉子麺なのですが、特製のあんとの相性がばっちりです。
あまり日本では見かけない料理なのですが、新感覚のラーメンって感じで美味しいです。

丸玉食堂は他にもあんを使った料理があって、唐揚げのあんかけなんかも美味しかったです。
普通の唐揚げなんですが、このあんのおかげでうまさ倍増。

台湾の料理ってあんをよく使うんですかね。
あんの味が絶妙で、何にでも合うような気がしました。

お酒のあてでしたら、腸詰のハムがおすすめです。
味噌だれがかかったハムなのですが、パリッとした食感で香ばしくてうまい。

ビール片手に食べると、さらに美味しく感じます。
中華料理は良く食べるんですが、台湾料理も美味しいですね。

今後も丸玉食堂で様々な台湾料理を開拓したいなと思います。

はかたや、春日市宝町にある安くて美味いラーメン店

店名:はかたや
住所:福岡県春日市宝町4丁目5
電話:092-582-8627

赤い看板に黄色い文字。
安っぽく見えてしまっているのがとてももったいない、24時間営業のラーメン屋、はかたや。

はかたやに入った瞬間、「いらっしゃいませぇ~!」と、店員が元気に挨拶してくれます。
注文は券売機方式。

発券して好きな席に座ると、はかたや店員さんが歩いて来て券を回収してくれます。
学校帰りの学生、子供連れの家族、作業服のおじちゃん、老夫婦まで、幅広い層に大人気です。

ラーメン1杯の値段は500円~800円くらいのお店が多いと思いますが、はかたやはなんと1杯290円!
290円で、上にネギと焼き豚が乗っかった、あっさりベースの豚骨ラーメンが食べられちゃいます。

メンマ、きくらげ、もやしなどは乗っていないので、シンプルなラーメンが食べたい方にはピッタリ!
もちろんラーメンの上にいろいろ乗せたい方は別途料金でトッピングが可能です!

麺の硬さは「やわ」「ふつう」「かた」「ばりかた」「はりがね」「粉おとし」と様々。
テーブルにはラーメンタレ、ごま、紅しょうが、にんにく、こしょう、ラー油が準備されており、自分の好きな味にカスタマイズできます。

はかたやのおすすめのメニューは「ラーメン定食」。
580円でラーメンに餃子と白飯がついてきます!

東方軒、西川口駅近くにある家系ラーメンと中華を中心とした居酒屋

店名:東方軒
住所:〒332-0021 埼玉県川口市西川口1丁目6−8 第一千鶴ビル 1F
電話:048-256-3533

東方軒は西川口駅西口徒歩2分程度。
ドン・キホーテが見えたら右折すると看板が見えてきます。

東方軒は俗に家系ラーメンと言われるお店で、それでいて中華居酒屋というスタイルのお店です。
お酒を飲みなが、ラーメンも楽しむという感じですが、勿論ラーメンだけを楽しむ人もいます。

東方軒のラーメンは、とんこつとガラを合わせ家系ラーメンです。
具材はチャーシュー、のり、ほうれん草といたってシンプルです。

独特の濃い口しょうゆに、太麺でスープとの絡みが後を引く旨さですね。
大盛を注文しましたが、量をあまり気にならず食べきれました。

豚骨ベースではありますが、ガラがしっかり聞いているので、後味がいいというのがこのラーメンの特徴ではないでしょうか。

東方軒のお店の雰囲気はやはり、お酒を飲みながら中華を楽しむという人が多かったように思います。
余談ではありますが、自動ドアが故障しているようで、始めての人は営業してないか不安になりますが手動で開ければ入れるのでご安心ください。

東方軒の店員の人も気さくな人だったように思います。
お水が大きなグラスで出てくるのも特徴です

もっこすラーメン、神戸市中央区にある名物ラーメン店

店名:もっこす 総本店
住所:兵庫県神戸市中央区楠町7丁目1−3
電話:078-361-3405

それぞれの地域に名物のラーメンってありますが、神戸の場合はもっこすラーメンではないでしょうか。
もっこすは神戸に住んでいる人であれば、誰しもが知っているであろうラーメン屋です。

神戸市内にいくつか店舗を構えているチェーン店で、創業40年以上と長い歴史があるラーメン屋です。
今回は、もっこす総本店に行ってきました。

もっこすの看板メニューは中華そば。
チャーシューがたくさん盛られて、ネギも中央にたくさん盛られたオーソドックスな中華そばです。

麺は細いストレート麺なんですが、これが少しこってりした醤油スープと合う。
そして、チャーシューが柔らかい。

食感も良いのですが、スープの味がしっかりとしみ込んで美味しいです。
普通の中華そばなのに、チャーシューが多めにトッピングされているのが嬉しいですね。

スープの味も抜群なんですよね。
あっさりしすぎず、こってりしすぎていなくてコクがある。

とてもバランスが良いです。
そのためか、スープを飲む手が止まらないほど美味しい。

さらにお好みでトッピングをすることができる。
テーブルの上には、にんにくチップやニラ唐辛子が用意されています。
細かい味の調整をするのに良いです。

もっこすラーメンは神戸市民のソウルフードと呼ばれています。
長年愛されている味を堪能できて良かったです。