中米料理&バー カトラッチョ、東京・吉祥寺にあるメキシコ料理店

「中米料理&バー Catracho(カトラッチョ)」は吉祥寺にある隠れた名店です。
吉祥寺駅からは公園口を出て、歩いて5分くらいでアクセスできます。

カトラッチョでいただけるのは、メキシコ料理やホンジュラス料理をはじめとした中南米料理です。
店内にはラテンアメリカミュージックが流れており、とても良い雰囲気でした。

私がいただいたのは、トウモロコシのトルティーヤがついた「フリホーレス」と「ブリトー」と「チリ・コン・カルネ・コン・アロース」というお料理です。
ブリトーには、チキン、ライス、チーズが具材として入っていてとってもボリュームがありました。

カトラッチョは、どの料理も美味しかったですよ。
お値段は、単品でだいたい800円程度だったと思います。
美味しい料理と一緒にいただくコロナビールも美味しかったです。

カトラッチョのマスターはとても気さくな方で、色々と話しかけてきてくださいました。
ほかのお客さんや常連さんたちもマスターと楽しそうに話していたので、なんだか楽しかったです。
またお酒を飲みに行きたいです。

店名:中米料理&バー カトラッチョ Catracho
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-4 オフィスワン B1F B103
電話:0422-49-7302

AYUMUNYA(あゆむんや)、神戸市中央区にあるリーズナブルで質の高いカレー店

店名:AYUMUNYA(あゆむんや)
住所:兵庫県神戸市中央区御幸通3丁目1-1
電話:078-891-3620

あゆむんやは、牛すじカレーとハヤシライスの専門店です。
定番メニューのあゆむんやカレーは、なんと650円。
本格派カレーにしては、リーズナブルなお値段です。

ご飯はターメリックライスで、カレーは辛すぎずマイルドな味です。
一緒に付いてくるピクルスが美味しくて、箸休めとして食べるのがおすすめです。

あゆむんカレーも良いですが、あゆむんやのおすすめは欲張りコラボ相がけ盛りです。
800円で、2種類のカレーを食べることができます。

このメニューはあゆむんカレーとドライカレーの相がけになります。
あゆむんカレーは牛すじが乗ったカレー。

あゆむんやのドライカレーは、すじミンチと温泉玉子が乗っています。
ドライカレーは様々な野菜とスパイス、牛すじが溶け込んだルーのようです。

そのためか、濃厚な味がします。
800円でこのレベルのカレーが食べれるのは、とてもお得だなと感じました。

ちなみに、あゆむんや店内は主人が車好きらしく、趣味を感じさせる内装となっています。
神戸らしいオシャレな雰囲気です。

接客も良いですし、良い気持ちでカレーを楽しむことができました。
また行きたくなるお店です。

タン・カフェ、神戸三宮で本場のベトナム料理を楽しめる店

広々とした港があり、古くから海外との交流があった神戸には、現在も数多くの外国の人々が暮らしています。

様々な国の本場の味に触れられる飲食店も充実しており、特に三宮エリアには人気店がひしめき合っています。

先日は、テレビ番組で紹介されているのを観て、どうしても食べてみたくなったベトナム料理専門店のランチに行ってきました。

お店は、三ノ宮駅から徒歩数分のさんプラザの地下1階の飲食店街にある「タン・カフェ」です。

店名:タン・カフェ
住所:神戸市中央区三ノ宮町1-8-1 さんプラザ B1F
電話:078-391-0335

タン・カフェは、平日のランチタイムに訪問しましたので、混んでいるかな?と思いつつ行ったところ、カウンター席に空席があり、すぐに案内してもらえました。

ランチのセットメニューは、お店の名前を冠した日替わり定食のタン・カフェ定食をはじめ、フォーセットや蒸し春巻きセットなどがあり、どのメニューも1000円以内の手頃な価格でした。

私が注文したのは、生春巻き付きのブンチャーセットです。
米で作った麺を使ったブンチャーは、本来はつけ麺のようですが、タン・カフェで提供されたのは、麺の上にタレを掛け、具をトッピングした和え麺スタイルの物でした。

線切りの野菜のほか、揚げ春巻きや炭焼きの豚肉など、様々な具材が乗っていて、彩りもとても綺麗でしたし、エスニックには欠かせないパクチーも素敵なアクセントになっていました。

甘酸っぱいタレが米の麺によく絡み、あっさりとした冷麺のような美味しさで、あっという間に完食しました。

むっちりとした皮にエビや野菜を丁寧に巻いた生春巻きも味わい深く、タン・カフェに来て良かった!と本当に思いました。

のびあに、明石市でおすすめの炭火焼き肉&韓国料理

明石駅周辺にはたくさんの居酒屋さんをはじめ、飲食店が建ち並んでいます。
その中でも、今回は明石駅から徒歩約5分に位置する焼き肉・韓国料理のお店「のびあに」をご紹介したいと思います。

のびあに店内は座席が中心です。
店内は韓国のお面が壁一面に並んでおり、内装も本格的になっています。

こちら、のびあには純粋にお肉が美味しいお店です。
お肉のメニューでも特におすすめなのが、上カルビと塩タンです。
上カルビは天然の備長炭で焼き上げると、かなりジューシーで美味しいのです。

そして、のびあにのタレと絡めるとご飯を何杯でも食べることが出来るほど、旨みが増します。
塩タンは厚みが十分にあり、塩タンに添えて出てくるレモンをかけると、酸味と歯ごたえがあり、クセになるおいしさです。

これらの他にも韓国料理の王道である、冷麺やチヂミといったメニューもありますが、どれも本格的な味で外すことがありません。
これほど味美味しいのにも関わらす、値段も女性2人で4000~5000円あれば十分お腹が満たされます。

のびあに店員さんは、女性の方が中心で若いアルバイトのような方からオモニ(お母さん)のような方までいらっしゃいましたが、みなさん優しい笑顔で話しかけてくれるので、好感が持てます。

店名:のびあに
住所:兵庫県明石市本町2-1-18
電話:050-5869-3286

神戸の三宮にあるタン・カフェは、1000円以内の料理が豊富

神戸の中心地、三宮界隈は外国料理店が多いエリアです。
老舗デパートの三宮サンプラザ地下には、いろんない飲食店が存在します。

中でも「ベトナム料理のタン・カフェ」は、庶民的な大衆食堂で人気があります。
ピンクの看板屋根、入りやすい入り口は、休日は多くの人が訪れるようです。

タン・カフェに1歩足を踏み入れると、意外と広くゆったりとした空間が広がります。
店のスタッフ全員は、ベトナム人になりベトナム語が飛び交っています。

タン・カフェは、メニューも多く1品料理が揃っていて、ベトナム料理を味わえるはずです。
メニューの食材は、豚肉、野菜、魚が多く使われています。

べトナムを代表する蒸し春巻きは、米粉を皮にたっぷりの具材が中に入っています。
一口食べれば、口の中に味と風味が広がり美味しいです。

そんなタン・カフェのオススメ料理は、タン・カフェ定食になります。
ご飯、米粉で作られたフォー、おかず4品、生春巻きが入った定食は、ベトナム料理と実感するメニューです。
値段は、850円になり酢の酸味が効いた味付けがサッパリしています。

また、タン カフェは、カウンターとテーブル席がありますが、カウンターに座ると店員が気軽に話をしてくれます。
接客態度や対応は、まずまず良好であり好感が持てる1軒です。

店名:タン・カフェ
住所:兵庫県神戸市中央区三ノ宮町1-8-1 さんプラザ B1F
電話:078-391-0335

インド料理インディゴ、川西市でカレーが食べたくなったらここ!

川西市内でカレーが食べたくなったときに是非選んで欲しいお店が『インディゴ』です。
地元の人から愛されているお店です。

インディゴは、川西能勢口駅から徒歩10分ほどの場所にあります。
わかりやすいので迷うことはないかと思います。

インディゴの店員さんはインド人の方たちばかりです。
日本語は話せるので安心して注文が出来ます。

私も地元人なのですが、店員さんからフェイスブックフォローしてくれたりと結構ノリがよく気さくなよい方達です。
ランチタイムはナンが食べ放題なので、是非ランチ時間にインディゴに行くことをおすすめします。

インディゴおすすめのメニューはタンドリーランチです。
カレーの種類は6種類から選ぶことが出来て、辛さも甘い~激辛まで選べるので自分好みのカレーを食べることが出来ます。

カレーはどの種類を選んでもはずれ無し!
何回もインディゴに通って、全部の種類を制覇してほしいです。
柔らかくてジューシーなタンドリーチキンもたまりません。

ナンは食べ放題でいつ頼んでもあつあつの大きなナンを提供してくれます。
ナン一つが大きいのでそんなに何枚も食べることは出来ませんが、お腹ぺこぺこで行ってください。

また、インド料理といえばラッシーですが、こちらのお店ではストロベリーラッシーが頂けるので是非頼んでみてください。

店名:インド料理インディゴ (Indigo)
住所:兵庫県川西市日高町6-16-103 中田ハイツ
電話:072-755-5755

炭焼塩ホルモン『あ』神戸酒場、お肉メニューが絶品!

店名:炭焼塩ホルモン『あ』神戸酒場
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通1-3-12 ゼウスタウンビル 1F
電話:078-321-2911

神戸市中央区にある炭焼塩ホルモン『あ』さんを紹介します。
こちらは生田神社から東側の狭い路地にあります。
東門街というエリアに入ってます。

この炭焼塩ホルモン『あ』神戸酒場は18席しかないので、予約なしだと時間帯によっては待たないといけない人気店です。
『あ』おすすめ料理が、もも肉塊焼(120g)1,800円、(250g)3,500円です。
他のお肉メニューは炭火で自分で焼くスタイルなのですが、この料理は、スタッフさんがオーダーが入ってから調理してくれます。

お肉は黒毛和牛雌A-5を使われており、たれは3種(岩塩、ごま油、わさび醤油)から食べることができます。
一番はわさび醤油でいただくのがおすすめです。

口一杯にお肉が広がりますが、柔らかくすぐに口の中からなくなりどんどんお肉が進みます。
150gで10切れくらいあるのですが、1人でペロッと食べれます。
『あ』1番の絶品メニューです。

それ以外もおすすめ料理は一杯ありますが、赤身肉ヤキスキ1,200円がおすすめです。
『あ』特製の濃いめのつけダレに大きな赤身肉が2切れあり、それを炭火で少し炙ってから特製ダレに卵黄でいただきます。
これも思ったよりあっさりですぐに口の中から無くなります。
白ごはんが食べたくなります。

さらにもう1品が塩タン800円です。
これは分厚く切られた塩タンになり、1人前で8切れくらい盛りつけられてます。
炭火で軽く炙ってレモン汁でいただくのですが、これも厚みのわりに柔らかいのですぐに何切れも食べたくなり、お酒がかなり進みます。

炭焼塩ホルモン『あ』神戸酒場の接客についてはスタッフさんが4~5人おられるのでスムーズにメニューを出してもらえますし、詳しいお肉の説明等もしっかりとされているので大満足です。