チャイニーズフードエイト、神戸市東灘区で絶品汁なし担々麺

店名:チャイニーズフードエイト Chinese food eito
住所:兵庫県神戸市東灘区本山中町3-3-21 ペガサス本山 1F
電話:078-955-6482

閑静な摂津本山の住宅街に佇むこちらの中華料理店チャイニーズフードエイトは、神戸ならではの洗練された外観はまるでカフェのよう。

チャイニーズフードエイト店内もナチュラルなカフェスタイルで、女性一人でも立ち寄りやすい雰囲気です。
全部で12せきという小ぢんまりとした空間で居心地抜群です。

ハチの巣の辛味煮込み広東料理と四川料理店で修業してきたシェフが手掛ける料理は、中華の基本は抑えながらもシェフならではのアレンジを加えた創作料理です。
このオリジナリティあふれる味を楽しめるのが、チャイニーズフードエイトの魅力です。

素材や調味料へのこだわりはもちろん、器も兵庫県の伝統工芸品を使う点でもこだわりを感じます。
ハチの巣の辛味煮込みや海鮮炒めなど本格的な一品メニューが揃う中、チャイニーズフードエイトおすすめは「汁なし担々麺」880円。

担々麺ならではの胡麻の香りがしっかりと出ており、香ばしさも感じる一品です。
自家製ラー油もたっぷりかかり、ガツンとした辛さがたまらない美味しさです。

麺は細めの卵ちぢれ麺で、タレがよくからんでいます。
辛いけど、箸が止まらない不思議な魅力。
味もさることながら、盛り付けも美しく女性ファンが多いのも納得です。

チャイニーズフードエイトの夜は、3500円からコースが用意されています。
一人でも友人とでも家族とでもわざわざ足を運びたいと思える素敵な中華料理店です。

ぎょうざの一休 六甲道店、神戸市にあるこだわり餃子が食べられるお店

店名:ぎょうざの一休 六甲道店
住所:兵庫県神戸市灘区桜口町5丁目3-3-106 ウェルブ六甲道6番街3番館
電話:078-856-5778

神戸は中華街があったりと、中華料理のレベルが高いお店です。
中華街からは離れていますが、JR六甲道駅近くにこだわりの餃子を提供しているお店があります。

その名も、ぎょうざの一休。

餃子はもちろんですが、酒のあてになるような一品料理もあります。
ぎょうざの一休のメインはもちろん餃子で、看板メニューはこだわり餃子です。

他には、にんにく餃子としそ餃子、生姜餃子があります。
ちなみに、ぎょうざの一休は定食メニューもあり、780円で食べることができます。

私はしそ餃子定食を頼みました。
定食の内容は、しそ餃子とこだわり餃子が5個ずつ。
キムチと蒸し鶏に汁物、そしてご飯です。

餃子は特製の味噌ダレにつけて食べます。
このタレがポイントで、餃子の味をさらに引き立てます。

焼き加減はカリッカリッで、しそやにんにくの味が程よいです。
ご飯が進む味ですし、ビールにも合う味です。
キムチや蒸し鶏もご飯のお供には最適ですけどね。

とにかく飲みたいって人は、餃子と一品料理を頼んで飲むのもありです。
私のおすすめは、きゅうり一本漬けとポテトサラダ。

そして餃子をたくさん頼んで飲むことです。
たくさん頼んでも高くならないので、ぎょうざの一休はコストパフォーマンスにも優れています。

何より餃子で飲むお酒はうまい。
餃子とお酒が好きな人は、ぎょうざの一休に行くべきです。

王子家、神戸市中央区にある家庭的な落ちついた雰囲気の台湾料理屋

店名:王子家
住所:兵庫県神戸市中央区二宮町4丁目23-12-6
電話:078-242-3648

神戸といえば中華料理屋がたくさんあって、赤色の中華料理屋をイメージするのではないでしょうか。
確かにそういうお店は多いのですが、王子家は少し違います。

普通の民家っぽい店構えで、看板にも台湾家庭料理と書かれています。
王子家は、店内も気取っていなくて、入りやすい雰囲気でした。

ランチメニューは焼きそばや汁そばのセットなどがあります。
その中でもコスパを重視するなら、王子家セットです。

ワンコインで食べることができます。
内容はちまき風おこわにスープとサラダ、それと1品ついてきます。

その日の1品は、豚の角煮でした。
煮卵と豚の角煮が一緒になっていて、煮汁の旨みが染みていて美味しかったです。

おこわはもっちりとしていて、食べた後に満足感があります。
味は濃すぎずに、ほどよいバランスで中華風のおこわを感じられます。

ちなみに大盛にすることも可能です。
王子家のセットは、見た目からして家庭的な雰囲気を感じることができます。

テーブルクロスだったり、食器だったり家庭にもありそうな感じです。
味もおふくろの味という感じで優しい感じがしました。

台湾に行ったことはないですが、台湾の家庭的な雰囲気を感じることができました。
他にも台湾の家庭料理がたくさんあるので、王子家は家庭的な料理が食べたい人におすすめです。

焼賣太樓 三宮オーパ2店、神戸三宮の駅前で絶品焼売をお手軽価格で楽しめる!

観光客やビジネスマン、買い物客で賑わう神戸三宮エリアは、幅広いジャンルの料理を提供するお店が集まり、美味しいグルメを予算や用途に合わせて楽しめます。

今回ご紹介するのは、複数の鉄道が乗り入れる神戸三宮駅すぐの商業施設「三宮オーパ2」の飲食店街にある「焼賣太樓 三宮オーパ2店」です。
大阪発祥の焼賣太樓は店名にも冠した焼売が人気のお店で、三宮オーパ2店の厨房でも、ひとつひとつ手包みで焼売を仕上げているそうです。

そのこだわりが詰まった焼売は一度食べたらやみつきになる美味しさです。
大阪府以外にある焼賣太樓の店舗は、こちらの三宮オーパ2店のみとなっていて、店舗限定メニューもあります。

焼賣太樓の魅力のひとつが、ランチタイム、ディナータイム、それぞれ時間帯に合う手頃な価格のメニューが用意されている点です。
昼には焼売を中心に、唐揚げやチャーハン、ラーメンといった人気の中華を組み合わせた定食スタイルのメニューが充実しています。

私のお気に入りは、名物の桜橋シュウマイと食べ応え十分の唐揚げを同時に楽しめる唐揚げ焼売定食です。
夜には、焼売をおつまみにしてお酒を楽しみたい人にぜひおすすめしたい焼売食べ放題コースがあります。

女焼賣太樓は、性のひとり客も多く、幅広い客層が入りやすいカジュアルな雰囲気のお店ですので、気軽に足を運んでみて下さいね。

店名:焼賣太樓 三宮オーパ2店
住所:兵庫県神戸市中央区雲井通6-1-15 三宮オーパ2 9階
電話:050-5595-3492

神戸市中央区、京鼎樓 ミント神戸店は小籠包が美味しい!

神戸の繁華街「三宮」にあるミント神戸7階に、本格飲茶料理が食べれる飲食店があります。
東京を本店とした店名「恵比寿 京鼎樓」は、全国展開する美味しい名店です。

京鼎樓の店内は、落ち着いた雰囲気が味わえる作りになっています。
テーブル席からカウンターは、ファミリー向けのアットホームさを感じます。

京鼎樓は、敷居が高い高級店というより、中級クラスの中国料理店です。
この店は、お馴染みの中国料理から小籠包を提供します。

中でも、小籠包は種類が多く目当てに訪れる人も多いです。
中身の具は、豚肉からフカヒレ、カニまでいろいろ味が楽しめます。
昼のランチで頂くケースから夜など、気軽に食べれる1品です。

京鼎樓オススメの飲茶は、1番人気の「小籠包」になります。
円盤型した食べ物は、6個が840円になり10個1400円になります。
男性女性問わず、お客の大半は6個を注文する事が多いです。

一口食べれば、中から肉汁がジュワーと出てきて小籠包を実感できます。
少し熱いので、気を付けながら食べると良いです。

京鼎樓は、注文時の店員による接客も良く、スムーズな運びで料理が出てきました。
神戸という土地柄、華僑も多いので、メニューには中国語の表示もしてあります。

小籠包以外では、杏仁豆腐やマンゴーかき氷が若者に人気です。
ビルの7階にある店なので、夜景を見ながら食べれる空間はデートスポットとして利用出来ます。

店名:京鼎樓 ミント神戸店
住所:兵庫県神戸市中央区雲井通7-1-1 ミント神戸7F
電話:078-414-8622

神戸元町別館牡丹園は本格中華が頂ける名店

神戸には、数多くの中華料理店がありレベルは高いです。
中でも、広東料理の名店として有名な「神戸元町別館牡丹園」は、1954年創業の老舗になります。

神戸元町別館牡丹園オーナー店主は、初代の父から料理の指導を受けて腕を磨いた職人です。
料理に使われる食材にも拘り、味は一級品と言えます。

牛、豚、鶏肉からスープ、ダシ、魚介類に至るまで手抜きはしないのがオーナーの特徴です。

そのため、料理の味付けに使用する調味料からソース類は自家製で作られています。
店の味を引き出す自家製ソースは、来店したお客にも評判が良いです。

濃くもなく薄くもなく、料理に合った味付けが口と胃袋を満足させてくれます。
そんな「神戸元町別館牡丹園」のおすすめ料理は、小海老のあんかけ焼そば 1200円になります。

この一品は、麺を油で揚げていて上にトロリとしたあんかけが乗ってあるのが特徴です。
一見、揚げそば風に見えますが小エビと野菜が食欲をそそります。
あんと麺がとてもマッチしていて、サッパリした感覚で頂けるはずです。

また、神戸元町別館牡丹園の店内は広く、テーブル席から個室まで大人数が利用できます。
注文時の店員による接客も良好で、居心地が良い飲食店です。

神戸元町別館牡丹園は、料理の外れはほとんどないので1度は行って欲しい一軒です。

店名:神戸元町別館牡丹園
住所:兵庫県神戸市中央区元町通1-11-3
電話:078-331-5790

神戸元町の赤萬は、ギョウザしかないが味は絶品

神戸は、中華系の飲食店が多い街ですが、シンプルなギョウザが美味しい店として「赤萬」があります。
JR元町駅から海方面へ歩くと、赤いテント屋根の赤萬が店を構えます。

この赤萬は、ラーメンとか焼き飯がメニューになくギョウザしかない専門店です。
1皿270円で、7個のギョウザが乗ってあり神戸では有名になります。

平日は、注文するのは1人前からですが、土日は1人2人前から頼めるシステムです。
皿に置かれたギョウザは、こんがり焼けていて食欲をそそります。
ギョウザの中身は、噛むと肉汁が出て口の中に味が広がる感じです。

皮も固さと柔らかさが共有していて、ギョウザならではの感触が味わえます。
また、赤萬では、ギョウザに付けるタレは、味噌味になりピッタリ合うと評判です。
1個、また1個とギョウザに付けて食べれば、1人前はあっという間になくなります。

赤萬では、お客の大半がギョウザを2人前以上注文する人が多いです。
2人前で540円になり、3人前注文しても大人なら十分食べれる量になります。

赤萬の店内は、大衆中華風になりカウンターとテーブル席があります。
1人で入れる店であり、店員の接客も至って普通です。
席に座れば、店員が注文を聞きに来るので何人前か伝えればOKです。

女性ファンも多い赤萬のギョウザは、1度食べてみる価値は十分あります。

店名:赤萬 元町店
住所:兵庫県神戸市中央区元町通1丁目11-10
電話:078-331-8756