瑠美、阪神御影にあるランチが安くておいしい洋食屋

店名:瑠美
住所:兵庫県神戸市東灘区御影中町3-1-18 御影師範ビル1F
電話:078-854-0194

阪神御影駅から徒歩2分の場所にある瑠美。
瑠美は人気店のため満席で待ち時間があることが多いですが、待っても損はさせません。

こちらの日替わりランチは、メインとスープ、ごはんorパンがついて1,000円、お得ですよね。
先日お邪魔した日のランチは、サーモンのソテーとポークカツでした。魚か肉か究極の選択をせずとも両方食べられるのが瑠美のいいところ。

また、瑠美のスープはクリーミーなお野菜のスープですが、お味がにんじんやじゃがいも、カボチャ、ブロッコリーなど様々で素材の味を生かした名脇役です。
今日は何のスープかな?と訪れる度に楽しみです。

お腹に余裕がある人は、一尾350円のエビフライを追加してみてください。
レモンを絞って、タルタルソースをたっぷりつけて揚げたて熱々ぷりっぷりのエビを頬張ってみてください。

瑠美は日替わりランチ以外にも、各種フライ、ソテー、ハンバーグ、カレー、オムライスなど何を食べてもおいしいです。
食いしん坊さんには、ハンバーグ、エビフライ、貝柱のバターソテーが食べられる3種盛り合わせがオススメです。

全席テーブル席で、お子さんからお年寄りまで気兼ねなく訪れることができますので、阪神御影に来たときは是非瑠美に立ち寄ってみてください。
また、どのメニューも持ち帰り可能なので時間がないときはテイクアウトでどうぞ。

ボラボラ、神戸三ノ宮にあるランチの時間がお得なおしゃれカフェ

店名:ボラボラ Borabora
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-9中華会館2F
電話:078-392-0440

こちらのボラボラはランチ時、お酒やジュースなど飲み物がALL300円になります。
ボラボラはお酒の種類も豊富で、海外のビールなども300円で飲めます。

カクテルやサワーの種類も多かったので、色んな味を楽しめます。
ボラボラはお料理もお酒に合うものが多く、アヒージョがお気に入りです。

ピザも安くて美味しかったです。
どのお料理も見た目がオシャレでインスタ映えしそうな感じです。

お店の雰囲気もよく、ボラボラはソファー席が多いのでゆっくり過ごすことができます。
隣の席との空間も広くとってあるので、隣の席の方に気を使うことなく話もできるし、とても居心地がいいです。

また、キッズルームもあるので、お子様連れの方にも過ごしやすい空間だと思います。

ボラボラはテラス席などもあり、気候がいいときにはテラス席を利用すると、開放感がありとても気持ちいいです。
テラス席で飲むお酒は最高です。

私はいつもランチ時に利用するのですが、ボラボラは店員さんの人数が少ないのか、呼び出しボタンを押してもなかなかすぐには来てくれませんが、店員さんは愛想もよく接客してくれます。
長居しても嫌な顔をせずに対応してくださるので、いつも5時間くらい利用させていただいています。

ティー ルーム マヒシャ tea room mahisa、神戸市中央区にある老舗紅茶専門店

店名:ティー ルーム マヒシャ tea room mahisa
住所:兵庫県神戸市神戸市中央区下山手通2-1-12エーコービルB1
(各線三宮駅から徒歩3分神戸市営三宮駅から200m)
電話:078-333-7451

ティー ルーム マヒシャおすすめ料理は、アソートプレート。

日替わりでプレートの内容が変わり、おすすめはベイクドチーズケーキ&ダンディキャロットケーキ&スコーン(ホイップクリーム・ジャム2種類類付き)です。
ティー ルーム マヒシャのベイクドチーズケーキは、濃厚で甘さの中にほんのりと酸っぱさがあり飽きずに食べ進められます。

ダンディキャロットケーキは、しっとりしていて人参のほのかな優しい甘みとクロテットクリームが相性抜群で、別途に頼めるアイスティーやミルクティーによく合います。
スコーン:自家製のもので出来立ての温かいうちに食べると外はサックサク、中はしっとり。

そのままでも美味しいのですが、2種のジャムやクロテットクリームに付けると味が変わりより楽しめます。
価格:850円(税込み)注!飲み物は含まれません。

ティー ルーム マヒシャの接客は、お店が地下にあり隠れ家のような場所のせいか、店員の方は落ち着いた雰囲気の方が多く1人でも入りやすく、過剰な接客もなく丁度いい距離感の接客で心地よいです。

ティー ルーム マヒシャは若い従業員の方もいますが、ベテランの方もいらっしゃり、おすすめを聞くことができます。
間接照明やアンティークな小物、クスッと笑える不思議な人形、古本などが揃えられており紅茶とスイーツを特別な空間で味わえる魅力があります。

阿佐ヶ谷で本格的なインド・ネパール料理を味わいたいならクマリがおすすめ!

店名:KUMARI クマリ 阿佐ヶ谷店
住所:東京都杉並区阿佐谷南2-17-4 1F
電話:03-3315-7966

インドカレーやネパール料理店を見つけるとついつい食べたくなってしまう私ですが、阿佐ヶ谷のクマリは今まで食べたインドカレーの中でダントツの美味しさと本格的なクオリティが楽しめるお店です。

クマリで私が必ずオーダーするのは、ほうれん草とチキンのカレーであるパラックチキンと、キーマカレーです。
それぞれ980円と880円のカレーで、ナンかサフランライスが付いてきます。
私はどちらの味も楽しみたいので2名で行ってシェアしていますね。

クマリのナンは、他店と違って甘めの生地が特長で、辛口にされたほうれん草カレーのしょっぱさとすごく合います。
運ばれてきたときはナンの大きさにびっくりしますが、薄めのパリパリ仕立てなので女性でも食べられるボリュームです。

クマリはカレーの辛さを自由に選ぶことができますが、初めて訪れたときは辛くせず味わって、もう少し辛くしたければ1ソルヤの辛さレベルがおすすめです。
辛いもの好きにちょうど良いカレーの辛さになって、一緒にマンゴーラッシーを飲むと辛さがマイルドになってなおおすすめです。

クマリの店員さんは素敵なネパールの民族衣装に身を包まれていて、日本語も上手でとても愛想のよい女性が多かったです。
お会計後に次回使えるドリンク無料券をいただけるサービスもオーナーの温かい気遣いがあって良いお店だと思います。

神戸三宮の老舗洋食屋、オムライスの美味しい欧風料理もん

JR三ノ宮駅から徒歩五分のところにある、欧風料理もん。
店構えは老舗洋食屋らしい堂々としたもので、店内も荘厳とした雰囲気がある。

欧風料理もん名物はとんかつ(単品1,650円・定食1,800円)だが、もちろん神戸の洋食を語るには外せないビフカツ(2,400円)もメニューに並んでいる。

しかしながら欧風料理もんでおすすしたいのは、オムライス(1,250円)。
オムレツに包丁を入れて仕上げる写真映えするオムライスが流行っている中、もんのオムライスは程よい厚みの卵に包まれているオーソドックスタイプだ。

別添えのソースとお漬物の小鉢とともに提供されるオムライスは、幅も高さもあるなかなかのボリューム感。
食べ応えはもちろん、ふわふわたまごとしっかり味のチキンライス、そしてそれをまとめるソースのすべてが美味しい。

異国情緒溢れるノスタルジックな欧風料理もん店内の雰囲気に似合う、気のいい給仕のご婦人たちがまた良い味を出している。
無味乾燥とした接客も多い昨今だが、もんの人情味あふれるそれはとても心地が良い。

欧風料理もんは、若者にとっては店構えや価格帯から少し入りづらい感じもあるかもしれないが、まるでタイムスリップしたかのような気持ちになるこの店に、ぜひ足を運んでみてほしい。
観光客として訪れるならさらに思い出深い食事になるだろう。

店名:欧風料理もん
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通2丁目12-12
電話:078-331-0372

正家 さんプラザ店、神戸・三宮の地下街にある老舗の蕎麦店

店名:正家 さんプラザ店(まさや)
住所:神戸市中央区三ノ宮町1丁目8-1
電話:078-391-2776

そばの老舗の正家のさんプラザの支店です。
神戸の中心地である三宮から徒歩5分ほどの地下街にあり、アクセスが非常に便利です。

正家おすすめは、やはりそばがメインとなりますが、がっつりと食事をとりたい方にはかつ重やてんぷら定食などもあり、お子様向けのセット料理もあります。

冬場のおすすめは鍋焼きうどんがあり、値段は880円と非常にお得で店内で十分に暖をとれます。
鍋焼きうどんは濃い目のつゆにあなごが3切れ入っていて、値段の割に豪奢な気分に浸れます。

夏場の正家おすすめはネーミングも涼やかな雪見そばがおすすめで、930円という値段設定です。
雪見そばはとろろと卵黄というスタミナたっぷりの具が盛り付けされたおそばですが、1日限定15食というのが玉にキズです。

おそば以外に食してみたい方はかつ丼定食がおすすめです。

定番のかつ丼に、小さなそばかうどん、もしくはきしめんといったバラエティ豊富なチョイスが楽しめます。
正家のかつ丼定食は980円というリーズナブルな価格で、がっつり満腹になりたい方におすすめです。

正家の接客については老舗ゆえなのか、店員の対応もしっかりしており、教育が行き届いている印象を受けました。
店内も小ぶりな作りなのに、柔らかな照明のおかげでゆったりとくつろげ、とてもよいおそば屋さんでした。

関所カフェ、兵庫県有馬温泉近くに静かに佇む古民家風カフェ

有馬温泉へつながる山奥の峠道、県道51号宝塚唐櫃(からと)線。
宝塚唐櫃線の道沿いにポツンと現れる、「関所カフェ」の大きな看板。
看板から更に奥に入った山中にあるのが、洗練された古民家風の「関所カフェ」です。

「関所カフェ」の隠れた主役はコッペパン。
国産小麦のこだわりコッペパンは、ふわっふわ、むっちり、夢心地の食感。
香りもふくよかで、コッペパンに少々のバターだけでも美味しいくらい。

そんなコッペパンを活かすおススメのメニューは、「フワトロだし巻き卵コッペパンサンドセット」1450円。

だし巻きは2㎝ほどの厚み。
卵はふわふわ、ほんのり出汁が効いた上品な旨味です。
だし巻き卵をコッペパンではさんだ合計の厚みは、10㎝近く。

更にフレッシュなサラダ、季節の野菜の具だくさんスープ、小鉢2種、ドリンク、デザートが付きます。

関所カフェは他にも「ジャンボエビフライコッペパンサンドセット」1580円、「ローストビーフコッペパンサンドセット」2200円などもあります。
どの具材もコッペパンから溢れんばかりの大きさです。

関所カフェのホールの担当は笑顔で気の良い、田舎のお母さん風の女性スタッフ。
座席を変えたい、など色々お願いしたのですが、本当に気持ちよく、お客の満足を考えて心配りしてくれました。

厨房のスタッフも、忙しそうでもお客の出入りには反応良く、声をかけてくれました。

店名:関所カフェ
住所:兵庫県神戸市北区有馬町字山田山1820-4
電話:078-903-2150