神戸市の洋食店、鶴屋本店で出される料理はアスリートを育てた味

店名:鶴屋本店
住所:兵庫県神戸市長田区久保町4丁目2-3
電話:078-647-7297

阪神ファンの人は虎風荘が何か分かると思います。
若手選手が生活している選手寮です。

鶴屋本店の店主は、虎風荘の元料理長だった人です。
つまり、鶴屋本店ではタイガースの選手が食べていた味を楽しむことができるのです。
あの有名選手も食べた味と思ったら、感慨深いですね。

鶴屋本店の看板メニューは豚キムチ丼。
選手人気もナンバーワンらしいです。
スープも付いて、お値段が780円とお手頃です。

ちなみに目玉焼きをプラス100円でトッピングすることができます。
もちろん私も豚キムチ丼を頼みました。

見た目からしてもう美味しいのですが、食べてみるとその通りでした。
豚の旨みに加えて、キムチの丁度良い辛さ。

深みのある辛さで、ご飯がどんどん進みます。
トッピングした目玉焼きが、マイルドな味わいに仕上げています。
同じくネギに関しても、良いアクセントになっているんですよね。

阪神の選手たちもこれを食べて育ったのかと、そういうことを思いながら食べました。

他にも生姜焼き定食やカツ丼など、美味しそうなメニューがたくさん。
どれも美味しそうです。

鶴屋本店の店内には選手のサインも多く飾られていて、阪神ファンならたまらないと思います。
阪神ファンじゃなくても、野球ファンなら思うことがあるはず。

もちろん、野球に興味のない人でも料理の味は確かなので満足できます。
アスリートになったような気分で食事ができました。