関所カフェ、兵庫県有馬温泉近くに静かに佇む古民家風カフェ

有馬温泉へつながる山奥の峠道、県道51号宝塚唐櫃(からと)線。
宝塚唐櫃線の道沿いにポツンと現れる、「関所カフェ」の大きな看板。
看板から更に奥に入った山中にあるのが、洗練された古民家風の「関所カフェ」です。

「関所カフェ」の隠れた主役はコッペパン。
国産小麦のこだわりコッペパンは、ふわっふわ、むっちり、夢心地の食感。
香りもふくよかで、コッペパンに少々のバターだけでも美味しいくらい。

そんなコッペパンを活かすおススメのメニューは、「フワトロだし巻き卵コッペパンサンドセット」1450円。

だし巻きは2㎝ほどの厚み。
卵はふわふわ、ほんのり出汁が効いた上品な旨味です。
だし巻き卵をコッペパンではさんだ合計の厚みは、10㎝近く。

更にフレッシュなサラダ、季節の野菜の具だくさんスープ、小鉢2種、ドリンク、デザートが付きます。

関所カフェは他にも「ジャンボエビフライコッペパンサンドセット」1580円、「ローストビーフコッペパンサンドセット」2200円などもあります。
どの具材もコッペパンから溢れんばかりの大きさです。

関所カフェのホールの担当は笑顔で気の良い、田舎のお母さん風の女性スタッフ。
座席を変えたい、など色々お願いしたのですが、本当に気持ちよく、お客の満足を考えて心配りしてくれました。

厨房のスタッフも、忙しそうでもお客の出入りには反応良く、声をかけてくれました。

店名:関所カフェ
住所:兵庫県神戸市北区有馬町字山田山1820-4
電話:078-903-2150